2011年11月11日

(510)浅草寺大絵馬展と伝法院庭園

浅草寺大絵馬展と伝法院庭園
大絵馬寺宝展と庭園拝観.jpg

浅草寺前に作られた「大絵馬展と伝法院庭園」拝観の案内。

浅草寺の本尊は江戸浦 (隅田川)の漁師の網にかかった聖観世音菩薩さまです。

観音信仰の証として本堂には古くから絵馬が掛けられ、特に江戸時代には大絵馬が掛けられて人々の目を引きました。


伝法院について.jpg

金龍山浅草寺が東日本大震災復興支援
平素は公開していない大絵馬と伝法院庭園を見ていただく特別観覧の「大絵馬寺宝展と庭園拝観」を開催しています。


伝法院
伝法院.jpg

伝法院はかつて僧侶や将軍以外立ち入りを禁止されていたとかです。今も特別な公開日以外は普段は入れません。

伝法院 通用門
伝法院通用門.jpg

いつもは観覧できない寺宝の大絵馬と国指定の名勝となった伝法院庭園が、
この期間だけ観ることができます。開催は11月1日〜12月5日 入場料300円。

本展の収益は東日本大震災の義援金とさせていただきます。金龍山浅草寺。


浅草寺大絵馬特別展示館 開門
開門.jpg

このチャンスに一目見たいと十数人が開場前から待っていて定刻10時に開門。
大絵馬寺宝展は撮影禁止で 身の丈を遥かに超えるその迫力を紹介できません。

大絵馬展を見たあと、伝法院庭園に行かれるようになっています。


伝法院 池に映る五重塔
池に映る五重塔.jpg

先ず目につくのがこのポイント。危うく見逃しそうになった池に映る五重塔。

庭園.jpg

この庭園は真ん中の池を中心として回遊式になっています。

天祐庵-1.jpg

天祐庵
天祐庵.jpg

名古屋の牧野作兵衛という茶人によって建てられた茶室だそうです。

大書院
伝法院大書院.jpg


大書院.jpg


大書院廊下.jpg

大書院の隣が本坊の客殿? でしょうか。

お休み所-1.jpg

↓ 以下は庭園の写真です。

庭園-2.jpg


池.jpg

五重塔と伝法院庭園
伝法院庭園.jpg

五重塔を借景としていて、あるとなしでは何ともいえないたたずまいです。
茶室もあったしこの風景を見て、なぜか京都にいるような気がしませんか。


浅草寺 伝法院庭園拝観
申し訳ありません。動画は削除されました。

門の外に一歩出れば、そこは参拝者や観光客で賑わう境内と仲見世通りにあっても、閑静なたたずまいを見せてくれました。



posted by 鳥さん at 16:30| Comment(0) | 東京ぶらぶら日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事