2011年10月19日

(498)奥日光駆け歩る記 湯滝

奥日光駆け歩る記 Part-2 湯滝

湯ノ湖から流れ落ちるのが湯滝で落差50m、幅25m。華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑のひとつとされています。落ち口の向こうが湯ノ湖です。

滝壺の観瀑台から
湯滝-1.jpg

湯滝を流れ落ちた水は日本有数の高層湿原「戦場ヶ原」を流れる湯川となり、
竜頭の滝を下って中禅寺湖へ流入します。


湯滝-3.jpg

観瀑台から迫力の3枚です。

湯滝-2.jpg

観瀑台からの豪快な水しぶきを見た後、直ぐ横にある「湯滝レストハウス」で軽く食事をした。ワタスゲの時期は湯滝まで来れなくて久振りの訪問。

湯滝レストハウス
湯滝レストハウス.jpg 湯滝レストハウス-1.jpg

腹ごしらえをしてから、滝に沿って設けられた階段状の遊歩道をエンヤコラと登って出たところに湯ノ湖があります。 

湯ノ湖
湯ノ湖.jpg

湯ノ湖は湯川がせき止められて出来た湖で標高が1.478m。
周囲が3kmで約1時間ほどで一周できる散策路があります。


湯ノ湖-1.jpg

湯の湖の向こう岸に見えるのが奥日光湯元温泉。

湯ノ湖 紅葉.jpg

この人達は湯ノ湖から水が流れ落ちる直前の場所から落ち口を見ています。

滝の落ち口から
滝の上から.jpg

わたしも真似してやってみましたよ。湯の湖の水が、しぶきを上げて流れ落ちて行きます。ここから見た景色はこ〜んな感じ。

滝の上.jpg

もっと前に出て下をのぞくと〜

滝の下を見る.jpg

白い水しぶきの向こう下に、観瀑台に人がいるのが分ります。

滝の下を見る-1.jpg

滝の側面から
湯滝の側面.jpg

一番激しい流れのところです。横から見ると豪快さが分り湯滝の良いところ。

観瀑台
湯滝.jpg

上から降りてきて、最後にもう一度観瀑台からです。湯滝が素晴らしい滝であることを分ってもらえたと思います。

その第一  滝壺の観瀑台から目の前に迫った滝を間近に見ることができる。
その第二  落ち口から見える景観と、滝壺へ流れ落ちる水しぶきを見れる。
その第三  側面に遊歩道があるので滝壺、落ち口、そして側面からも観賞。

わたしは「湯滝」の回し者ではありません。



posted by 鳥さん at 16:00| Comment(0) | ぶらぶら日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事