2011年09月22日

(486)最近のこと

最近のこと

今日の記事は写真を撮っていながら紹介できなかった題材です。時々こんな写真ができて、捨てるのもなんだから載せてみたです。


我が家の居候 カナチョロ
カナチョロ-1.jpg

上のカナチョロの写真は、先だって紹介済み。

カナチョロ-2.jpg

今日のカナチョロは顔にピントが合って男前に撮れている。見た目では雌雄の判別が難しいので、もしかしたら麗しの美女かもしれない (笑)。

アップして 私のいい顔見て下さい ・・・とさ。 がはは。

すっかり馴染んで、目と目が合って「コンニチワ」です。

狭い庭を小チョロと大チョロが、「チョロチョロ」と駆けずりまわっている。

小チョロが2センチ、大チョロは10センチ以上はあり寿命は5年以上という。

カナチョロは卵を産み、爬虫類の「爬」の字は「地を這う」の意味からです。



我が家の居候 カマキリ
カマキリ.jpg

カマキリもカナチョロほど多くはないが、毎年この時期になると見かける。

カマキリ-1.jpg

10月が過ぎ11月も中旬には見えなくなるのは、産卵後は死んでしまうんです。

カマキリ-2.jpg

カマキリは昆虫や虫を食べる肉食です。雌の方が雄より身体が太めで大きく
秋の餌が少ない時期には、交尾後に雄を食べることもあるという。

厳しい自然環境で、子孫を残すための カマキリの掟 でしょうか。



オンブバッタ
バッタ.jpg

オンブバッタの幼虫ですか? 綺麗な緑色をした小さいバッタは沢山いるが
余りに小さいので居候とまではいかない。

この小さいバッタは、カマキリやカナチョロの大事な餌になっているらしい。

と云うことは、ここでも自然界の営みが繰り広げられていると云うことです。



イナゴ
バッタ.jpg

このバッタは何という名でしょう。イナゴでいいんでしょうか? 

そうだとしたらイネの害虫ですからやっつけましょう。

殺虫剤はもちろん除草剤も撒かないし、草取りもさぼりにさぼっているから草ぼうぼうで、カナチョロとカマキリやバッタの楽園かもしれない。


セミは来年の夏にも、又出てくるんだろうか?




ある日の昼食
ある日の昼食.jpg

真夏のある日に、出かけた帰り道に中華屋に昼食を食べに入ったとさ。

中華の専門店だからと、味に期待して「冷やし中華」を注文したとさ。


何これ! さも体裁良さそうに「具が別皿」で出てきたのはいいが、乱暴な切り方に加えて乱雑で素っ気ない盛りに、連れと顔を見合わせたのだ。

それでも味さえ良ければと、慣れない手つきで盛り付けをしたとさ。私が料理を作るのは滅多にないし、盛り付けなんか苦手で出来上がりはこんなもん。

ビールで乾杯してから、「いただきま〜す」とズズーッと一口食べたとさ。


冷やし中華.jpg

まずっ! 麺が硬いとか柔らかすぎるとかは第二の問題で、麺そのものに味がないし「つゆの味」も全然なっちょらん。

味にうるさい人には一番肝心の「つゆの味」に、ダシが効いてないのだからお世辞にも旨いとは云えない。

普通の味さえしてたなら、店の名を紹介できるが今回はそれをできません。

ビールの助けを借りて、やっと食べ終わり・・・帰ったとさ。

・・・おそまつな一席




posted by 鳥さん at 16:30| Comment(0) | 我が家のぶらぶら日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事