2011年07月04日

(453)小田代ヶ原から戦場ヶ原へハイキング

小田代ヶ原から戦場ヶ原へハイキング

日光なら何回か行ったけど奥日光は5年振りだ。千手ヶ浜のクリンソウを観たあと帰りのバスを小田代ヶ原で降りてハイキングすることにした。

ここから湯滝方向に向かい、湯川に出てから流れに沿って戦場ヶ原を経て赤沼駐車場までのコース。超スローに歩いても2時間だ。

青いケシがダメなら急に旅のコースを変えてクリンソウを見たり、時間に拘束されないで内容を充実できるのが「気ままないい旅」の真骨頂だ。


小田代ヶ原
小田代ヶ原.jpg
少し拡大
小田代ヶ原の貴婦人
小田代原の貴婦人.jpg
少し拡大
真ん中の遠くに見える一本の白樺が「小田代ヶ原の貴婦人」と呼ばれている。

小田代原.jpg
少し拡大
これから夏を迎える小田代ヶ原はアザミの美しいところです。ときには一面赤紫色に染めるノアザミの大群落が見られます。

奥日光を散策したコース     拡大 可
小田代原と戦場ヶ原.jpg

ハイキング しゅっぱ〜つ ! レンゲツツジ
木道.jpg レンゲツツジ.jpg

遊歩道完備で何の心配も要りません・・・
   ・・・が、今回も熊出没の看板が気になります。


奥日光のカラマツ
あっち⇔こっち.jpg

カラマツは落葉する松ですが、葉が出るのが早く落ちるのは最も遅い木です。
10月下旬頃には 辺りの葉が落ちたあとにカラマツだけが黄金色に輝きます。

秋のカラマツ林はとても美しい風景をみせてくれます。特に湯元温泉付近には老大木がたくさんあって見応えがあります。


苔.jpg 木のコブ.jpg

日光・奥日光は明治から欧米各国の外交官たちが避暑に訪れるようになり、
金谷ホテルも外国人用に建てられました。

昭和初期まで外国大使館の別荘地が立ち並ぶ避暑地として、外国人が大勢訪問した奥日光・中禅寺湖畔です。

イタリア大使館別荘記念公園は1997年までイタリア大使が利用していた別荘で
国際避暑地歴史館には、当時の家具や調度品が展示されています。

建物を引き立たせる周辺の森の美しさや、中禅寺湖の豊かな自然に調和した環境の中で、ゆったりした時間を過ごすことができるそうです。

この次には奥日光の見所を十分調査して、季節毎にゆっくりと訪ねてみたい。


ミツバツチグリ      マムシソウ
花.jpg マムシソウ.jpg

湯ノ湖、湯川、戦場ヶ原、小田代ヶ原が「奥日光の湿原」として、2005年にラムサール条約湿地に登録されました。

当初は水鳥の生息にとって重要な湿地が登録されていたが、現在では生物多様性の維持に重要なものなど、その対象が広がっています。

戦場ヶ原とその周辺では多くの湿原植物がシカの食害で減っているそうです。
(上下文中の難しいことは資料より)



戦場ヶ原
戦場ヶ原.jpg

戦場ヶ原とは・・・
昔むかし、男体山と赤城山が大蛇(男体山)と大ムカデ(赤城山)に化けて戦をした戦場。争いの原因は中禅寺湖を巡る領地争いで勝ったのは男体山。


ニッコウキスゲ      イブキトラノオ
ニッコウキスゲ.jpg 花-1.jpg

戦場ヶ原の標高は1390mから1400m。

戦場ヶ原-1.jpg

湿原の白いじゅうたん ワタスゲ
白樺とワタスゲ.jpg

今回は遅めの訪問だったので残念ながら、じゅうたんには見えませんでしたが
こんなもんでしょうか?


男体山とワタスゲ.jpg

6月中旬頃からワタスゲが一斉に白い花 (綿毛) を咲かせて、戦場ヶ原は真っ白いじゅうたんを敷いたように見えると云われてますが?

今回訪問したクリンソウもワタスゲも遅めの訪問でピークが過ぎ残念だった。

ワタスゲの綿毛
ワタスゲ-a.jpg

最近になって動画の作成にはこれまで以上に力が入る。ワタスゲは望遠で写した為にピンボケながらも良く仕上がったと思っている・・・えへへ。


竜頭ノ滝
竜頭ノ滝.jpg

帰り道に寄った竜頭ノ滝は水量豊富で勢いがあった。茶屋は閉店時間だった。

ここまで来たんだから湯滝には是非寄りたかったが、青いケシが観られず急遽変更して奥日光に来て、早朝からの強行軍でどうしても無理だった。


……………………………………………………………………………………………

5年前の2006年6月16〜17日に、千手ヶ浜にクリンソウが沢山咲いているのを知り、観に行ったことがあります。
その時クリンソウの情報を教えてくれたのが「湯滝レストハウス」でした。

前日の夕方に赤沼駐車場に着いたら既に観光客が大勢集まっていた。私は用意していった飲み物で独宴会をやったあと、ぐっすりと車中泊をした。


日光・奥日光のことなら「湯滝レストハウス」に質問すると
どんなことでも教えてくれます ← クリック。


5年前に写した「湯滝」の動画を見て下さい。




湯滝レストハウスから数歩あるくと「湯滝」があります。


posted by 鳥さん at 22:30| Comment(4) | ぶらぶら日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日尾瀬に行きました(ブログアップはあさっての予定)。一緒だった人たちが日光の戦場ヶ原に似ているって言ってたけど、本当ですね。ワタスゲの咲きぐあいが同じです。
私は日光には3回しか行ったことがなく、戦場ヶ原には行っていません。中禅寺湖、竜頭の滝、イタリア大使館別荘(とても素敵なところです)には行きましたけどね。戦場ヶ原、鳥さんのブログで見られて良かったです。ありがとうございました。
Posted by あっけ at 2011年07月08日 16:11
あっけさんへ
私も山歩きに熱中していた頃は尾瀬にも数回行きました。あれから何年経ったか分かりません。あっけさんは最初の尾瀬は雨だったと云ってましたね。
今回の尾瀬はワタスゲはともかく、ニッコウキスゲには早かったと思いますがどうでしたか?私も今年は是非ニッコウキスゲを観に行ってみようと思っていますが、いつが良いのか迷っています。
奥日光と同じく尾瀬もシカの食害を聞いていますから、綺麗な花が随分減っているようです。
奥日光も尾瀬も東京から近いので、自然探索には絶好のところです。
Posted by 鳥さん at 2011年07月08日 22:23
花の名峰も甲乙付け難く良かったですが、緑豊かな自然も大好きです、こちらのワタスゲ模様のじゅうたんもいいですねぇ、日光へは車で1回電車で1回行きました、秋竹縄の時期ばかり
この画像を見せて頂くと緑の時期が良かったと
悔やんでみたり、後悔先に立たずであるます。
鳥さんどうも有難うございました。
Posted by kubta957 at 2011年09月28日 21:33
kubota様へ
今日のニュースでは、奥日光の戦場ヶ原で「初氷」ができたそうです。
奥日光の冬は早そうです。
Posted by 鳥さん at 2011年09月29日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事