2011年04月22日

(420)グルメ便 吉野の葛餅&京筍

グルメ便が届いた

 春 春真っ盛りで花見のシーズン 吉野山の桜を思い出して「吉野の葛餅」を取り寄せる 桜が咲いてるうちになんとか間に合って届いた。


資料からの引用でひとくさり・・・

葛餅の原料はマメ科のつる性で 多年草の「クズ」の根から取れるデンプン。

クズは秋の七草のひとつで和名は「葛」と書き かつての大和国 (奈良県) の国栖 (くず) が 葛粉の産地であったことに由来するとかしないとか。


吉野の葛餅
吉野の葛餅.jpg

注文をした「よしのや」の住所が奈良県吉野郡吉野町吉野山2586の吉野という文字が3個も付いた吉野尽くしで 

もちろん所在地で味が旨くなるなんてありえない けど 吉野の葛が大和国の時代からの味とするなら そんな気もしないでもないし

結論としては もう一度「吉野の葛餅」を食べてみたくなったということ。



ひとくさり その2

良質の葛粉を作るには葛根を潰してデンプンを取り出し水に何度もさらしてアクと不純物を取り最後に自然乾燥させて完成となるが

私の知ってる有名な葛の産地はこの奈良県吉野山の吉野葛と 福岡県の秋月城址で食べた秋月葛の2カ所で

その他の産地としては静岡県の掛川葛・石川県の宝達葛・福井県の若狭葛・三重県の伊勢葛があり

混じり気のない葛粉100%のものを本葛(ほんくず)と呼び、なめらかで口当たりが良いが生産量が少なくて高価となり流通量が少ない。

本葛についての表示基準がないため本葛と他の葛粉との混合があるという。 


葛餅と抹茶で花見
葛餅&茶.jpg

取り寄せた「よしのやの葛餅」 は吉野本葛を使用しているから品質保証です。

茶をたて 桜のひと枝を添えて 粋だね〜
   それでは いただきます
 (がぶがぶ)。



…………………………………………………………………………………………………………

京たけの子
長岡京筍.jpg

そして またまたグルメ便が届いた

毎年この時期に頼んでいる これも京の逸品 京たけの子


旬の逸品
筍料理.jpg

長岡京の生産者の方との付き合いは もう何年になるか

筍天麩羅.jpg

京たけの子はアクヌキをしないで食べます そのかわり土つくりが大変とか

筍鶏御飯.jpg

昨年の今頃は区の貸出し農園で 土お越しから始めた慣れない農作業

野鳥と雪の被害、真夏の水やりと雑草取りが大変だった

それでもかなりの収穫ができて 我が家の食卓をにぎわし 話しがはずんだ 

今年は抽選で外れちゃったけど食物作りの貴重な体験ができたと思っている


特に今春は 
  農・漁業の生産者の方と
    大地と海の恵みに 感謝したい



posted by 鳥さん at 10:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事