2011年04月14日

(417)春の花(東電は原発事故の反省なし)

(東電は原発事故の反省なし)

毎年のことだけど季節は巡り 今年もまた春が来た

ツルキキョウ
ツルキキョウ.jpg

春は・・・ 山に来て 里に来て 野にも来て そして街にもやって来た

ハスカップ
ハスカップ.jpg

色んな花たちが一斉に咲き出して・・・ 鳥が鳴き メダカが泳ぎだす

ボケ
ボケ.jpg

めくるめく季節という表現もあるが・・・ 今年は目もくらむ事故があって

ムスカリ
ムスカリ.jpg

でも みんなくじけないし みんな頑張っているし みんな支えあっているし 

カイドウ
カイドウ.jpg

私は何もできないから・・・頑張って頑張って 今までで一番の寄附をした

山桜
山桜.jpg

そういう思いが
日本中から・・・ 世界中から・・・ 積もり積もって 大きな力になるはず

政治家は法律で寄附行為は禁止されているから 今度の大震災にも義援金を出してはいないそうだ なんと都合良く作ったものだ


そんな政治家には苦言を書きたくなってきた・・・このまま書き続けると脱線してしまうのでは
春の花はどこかへ行ってしまって・・・ 苦言毒舌になりそうだ。


選挙は金が掛かるからとお手盛りで作った政党助成金 各政党で山分けしている膨大な税金の政党交付金を義援金に回してはどうでしょうか

苦言毒舌ばかりでなく偶には良い提案もするよ ぜひ採用願いたい ガハハ

2010年の政党交付金支給額

  民主党 172億9700万円
  自民党 103億7500万円
  公明党 23億8900万円
  社民党 8億6400万円
  国民新党 3億9700万円
  新党日本 1億3500万円
  みんなの党 3億6100万円
  改革クラブ 1億2000万円

日本国民は税金から毎年こんなに大金を払って金権政治家さんを育て、立派な政治をしてもらっているんですね〜 実にありがたいことです あはは


ハナミズキ
ハナミズキ.jpg

東電の清水社長の記者会見
原発の津波対策には国の指針に基づいてベストを尽くしてきた 新しい津波対策の基準のあり方や事故の評価結果に基づき対策をとると云う発表 

原発は国の安全基準をクリアしているから 責任は無いと云いたいようだ

病気だと云って姿をくらましていた東電の清水社長が「今回の事故対応は適切な処理だ」と主張する記者会見をした・・・まったく反省なし


ライラック
ライラック.jpg

TV新聞報道では学者達に直ちに人体に影響無いと宣伝させて異常な世論操作 
これは風評対策だけではあるまい 原発推進論者は 大手を振って再選された


リナリア
リナリア.jpg

こんな大惨事が起きても 原発を無くそうの声は あんまり聞こえてこない

何もかもが変な 日本の政治
核の平和利用なんて無いのに
  原発にどっぷり浸かった 日本の異常現象!



posted by 鳥さん at 16:00| Comment(0) | 苦言・毒舌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事