2010年09月07日

(317)カイツブリの巣 発見

カイツブリの巣 発見
カワセミを写すと言ってもカワセミがいつ来るか分りっこない。気ままに来るのでこっちも焦らず気長に待つだけ。
だけど炎天下で待つのは気が遠くなるほど辛いね〜 。

カワセミは40分から60分程度の間隔で来ているが、ひょっこり来る時もあるからそんな時は慌てちゃう。手持ち無沙汰な時は日陰で仲間と話したり、橋の上をブラブラして時間を過ごす。

今朝も時間つぶしに橋の上からポプラ並木の方を眺めていたらスイレンの葉の上に何やら動くものを見つけた。良く見るとカイツブリが巣を作っている。

巣の中を見れるチャンスは滅多にないぞ
   どれどれカイツブリの巣の中を覗いて見よう。


カイツブリの巣
カイツブリの巣.jpg

カイツブリは流れの緩やかな河川、湖沼、湿原などに棲息し昆虫、甲殻類、魚類や貝類などの獲物を潜水して捕食する。小型で体は丸く非常に短い尾が特徴で足指にはひれがあります。(難しいことは資料より)

もっと近づくと 
   卵が五つあるぞ

カイツブリの卵.jpg

このカップルが夫婦ですがオスとメスが同色の黒褐色、頭の下から首の付け根にかけて赤褐色をしています。私にはオスもメスも同じに見える。

目は真ん丸くて小さな黒い瞳をしている。目が小さいうえに真ん丸だから何だかびっくりしているような表情に見えるけど。

カイツブリは潜水の名人なんだ。かなり長い時間潜っての餌取り、思わぬところにひょっこり出てくる。飛ぶのが苦手なようで飛んだのを見たことがない。


発見場所
巣がある処.jpg
  ↑
ポプラ並木の方を眺めていて見つけたカイツブリの巣があるところ。矢印の直ぐ上にポツンと黒いのがある。この写真を拡大して下の写真で確認を。

カイツブリの巣a.jpg

雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は20〜21日。生後1年で成鳥となる。雛が小さいうちは親鳥が背中に乗せて保温や外敵からの保護を行うことがある。

カイツブリ成鳥      親子
カイツブリ成鳥.jpg カイツブリの親子.jpg

上の二枚の写真は、巣作りをしているカイツブリではありません。

カイツブリの巣作り


丁寧な巣作り 大事に卵を抱くカイツブリの子育てが
   これからどうなっていくのか 観察してみたくなった


カワセミとカイツブリに夢中になって、暑い熱いあっちっち〜。わしゃ〜これ以上我慢できんわい。かねて目を付けていた所へ自転車を走らせて一目散。

水元公園 涼亭      冷え冷えビール
涼亭.jpg ビール.jpg

それでここに緊急避難したんだ。わかるでしょう?熱中症が怖いから水分を補給しに入ったんだよ。これを飲んだおかげで命が助かったと云う訳です。
ありがたいありがたい 命の水です。


おっと 隣にいた少年だ
氷.jpg

食べているのは「かき氷」だな。おじさんもお祭りでよく食べたよ。今は歯に凍みるからビールにしてるんだ。
今度会ったらおじさんがおごるから声かけてくれ。あははビールじゃないよ。


水元わくわくまつり
水元まつり.jpg

涼亭で休んでの帰り道、熱中症気味なのか少しフラフラして自転車を走らしたが車だとこうはいかない。太鼓の音がしてお祭りのようだ。

ちょっと寄ってみたけど、折角寄ったのだからと屋台に行き、熱冷ましにかき氷と思ったけどやっぱり歯に凍みるので違うものにした。


仲の良い兄弟
綿あめ.jpg

今度は兄弟がいた。二人は仲が良いのか揃いの格好が目についたよ。う〜ん食べているのは「わた菓子」だな。これも昔からお祭りの定番だ。

今日の私はすっかり少年時代に戻っていい気分になったぞ〜 ! えっ、いい気分と言っても酔ってはいないけど……昔の思い出に酔ってるだけです。


少年時代

動画提供 hikaru681さん

夏まつり

動画提供 RINMCU01さん


posted by 鳥さん at 11:30| Comment(0) | カイツブリの子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事