2010年04月23日

(274)農園日記8 絶品の京タケノコ

農園日記 (8) 絶品の京タケノコ
春の味覚、タケノコを食べていますか? 今が旬ですね〜。
今年は、もう何本食べたのか数えてないが、今朝は毎年頼んでる京都府長岡京市のお馴染みの畑から「京タケノコ」が届きました。


京タケノコ-1.jpg

長岡京市と周辺の地域は、京タケノコの特産地として全国に知られています。
鎌倉時代に中国から伝わったと言われています。京タケノコはえぐみがないからヌカを入れずに茹でます。それに外と比べて色が白くて軟らかいよ。

私が好きなのは、定番のワカメとの煮物「若竹煮」は勿論だが、タケノコ御飯が一番好きですね。お米と一緒に炊き込んだり、味付けをしてから御飯に混ぜ込んだり、どっちも美味しいですね。何回も作ってもらいます。


タ       タ タケノコ掘り.jpg
 ケ     ケ
  ノ   ノ
   コ コ
    掘 
    り


何年前になるか、京都旅行の際に
長岡京の郊外を通った時に偶然に
タケノコ畑で、タケノコを掘って
た人を見たのです。

その場で買って帰り、それ以来の
お取り寄せとなっています。菜の
花や京野菜も送って貰っていたが
高いから止めています。美味しいタケノコの秘訣は、やっぱり土作りですね。

軟らかい土に育つタケノコは肉質が軟らかくなります。その土作りにワラを使うそうです。私も3月から区の貸し出し農園が当り畑をやりだしたから、大好きなじゃが芋を美味しく作りたいですよ。

収穫したタケノコは乾燥すると味が落ちるから時間との勝負、買ってきたら手早く茹でることです。な〜に言ってんだか、こんなことを書くと皆さんに要らぬ節介と怒られます。ガハハ、これは失礼おばいたしました。
こんばんの飲物が……ウシシ !!




posted by 鳥さん at 15:10| Comment(0) | 農園日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事