2010年04月19日

(272)鉄道博物館 一日鉄夫の巻

鉄道博物館 一日鉄夫の巻logo.gif
全国の鉄道ファンの皆さん、とりわけ
今、大ブレークの「ママ鉄」さん達と
「小鉄」君、大変お待たせしました。

遅まきながら私も「鉄夫」となって、鉄道博物館に行ってきました。誰かが 「ジジ鉄」と言ってるのが聞こえましたよ。まぁ〜とにかく沢山のブログが紹介していますが、こちらを見てからにして下さい。

鉄道博物館には鉄道車両の実物展示が数多くあり、全国の鉄道マニアには一度ならず何度でも訪れたい聖地なのだ。

ターンテーブル
鉄道博物館.jpg

新橋〜横浜間の我が国の鉄道創世期から現代までの実物車両を展示している。
実際に稼動するターンテーブル (方向転換台)を中心に車両が配置されてます。 

鉄道博物館-1.jpg

ターンテーブルを中心にして、ずらりと並んだ実物展示は圧巻だ。この鉄道博物館のレールは JR の営業線路と結ばれています。

1号機関車
1号機関車.jpg

1号機関車(150形式) 国指定重要文化財・鉄道記念物です。(クリックすると1号機関車について詳しいことが分ります)

弁慶号
弁慶号.jpg

弁慶号「7100形式蒸気機関車 車号7101」(1880年製造) 鉄道記念物。
北海道開拓に活躍した。北海道初の蒸気機関車で弁慶号と呼ばれる。


動輪が動いてる前を偶然通り、これはと思い慌てて動画に納めた。

C57135.jpg

ターンテーブル(方向転換台)の上にはC57135機関車が置かれている。

C57-1.jpg C57動輪.jpg

巨大な動輪が回転して機関車を動かす。今は蒸気機関車が走っていないので実際の動輪の動きが見られないね。それに蒸気を吐き出す音と臭いは独特だ。時折だけど数少なくなった蒸気機関車のセレモニー運転はあるけど。

12時と15時には実際にターンテーブルを回転させる。音は今イチだが、むかし聞いたあの懐かしい「ポ〜の汽笛」も動画に入っているよ。

初代新幹線  0系.jpg

初代新幹線 ひかり。1964(昭和39)年10月の東海道新幹線(東京〜新大阪間)開通に誕生した車両である。

最高速度210km/hの高速スピードで走る「ひかり」は、夢の超特急と呼ばれ、”新幹線” の名を世界に知らしめた。

ひばり.jpg とき.jpg

今、若いママさん達の間で大ブレークしてるのが「ママ鉄」ブームとかです。
小さい子供 (小鉄と言います) 連れのママさん達が結構来ていた。


小鉄君たちに混じってミニ新幹線「はやて」号に乗って童心にかえってみた。
鉄道博物館を紹介した「ジジ鉄」一日の巻でした。

故郷の宣伝です。私の故郷「丸瀬布」には北海道遺産に指定された森林鉄道SL「雨宮21」号が観光用に走っています。どうぞ右欄外に御注目して下さい。

鉄道フォトライターの矢野直美氏がルポ(2007.7.5)した「鉄子の鉄学」(クリック)でも朝日新聞にとり上げられました。




posted by 鳥さん at 11:00| Comment(0) | 気ままな いい旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事